失恋しました。薄々空気のよくないことについては感じていたけれども、こんなにも早くのサヨナラになってしまとはスピーディー過ぎです。
好きな人ができた、っていうのは一番辛いふられ方な気がするんですけど、どうなんだろう。しかも、その人をどれだけ好きなのか、ということを語られた。どこまでも失礼極まりないけれども、彼なりの誠意だということがよく分かるから、よく分かるからこそ辛いです。
いつまでもいいかげんな関係なんて続けていけるわけもないとは思っていたけれど。しかし、いろいろなものを犠牲にしたあげくにこのしまつなのか、っていうのはもう笑える以外のなんでもないんですけど。
でも、これを機会にもっとまっとうに生きていけるようにする。もう本当にいろんなことを信じた自分がぬるぬるだったのだと思う。反省とかではないけれど、それでも大事にしてもらえる人がいるんだから、やはりそこは大事にしてもらえる人を大事にしていこうと思う。コスモウォーター 解約

日本では、先生と生徒がお酒を飲むと言う事はあまりないと思います。たとえお互いが成人していても、現役の先生と生徒の関係であると、ほとんどがそう言う事はしないと思います。しかし、アメリカでは、結構先生が主催するホームパーティーへ行ったりするのが頻繁にあり、夜にカラオケバーで一緒に酔っ払ったりする事も良くあります。私が20代前半の頃は、ものすごくお酒を飲み、クラブで酔っ払いながら働いていました。すると、ある日私のクラスを教えて、更に大学のパーソナルアドバイザーである先生とクラブで会いました。彼女は、40代の独身女性ですが、パーティー好きだそうで、常に若い彼氏を連れて歩いています。また、会っても恥ずかしいとか言う事は全く無くて、彼氏も平気で紹介してきたし、一緒にお酒も飲みました。パソコンの中には、お互いが酔っている時に一緒に撮った写真があり、今でも観る事ができます。くだらない事かもしれませんが、先生と酔っ払ってパーティーで遊んでいた、と言うのは、大学時代の良い思い出です。キレイモ カウンセリング

今日は久しぶりに犬をお風呂で洗ってあげました。
やがて、狂犬病の注射をしに動物医者に行かなければならないものですから、それほど汚らしい外見で行くと可哀想なので、
多少なりとも相応しい外見にするように僅か洗ってあげようと思ったからだ。

そこで、犬を抱えてお風呂に行ったわけでありますが、うちのいうはとにかくぶるぶる震えて要る様態。
いまだにお風呂に入っていない段階ですでにビビっている状況です。

そしてお風呂に入れてあげてシャワーを吹き付けると更に止める止める。
シャワーを吹き付けるのにも一苦労でできる限り水を浴びないように逃げ回ってしまっていらっしゃる。

シャンプーで洗っているときも実におとなしくしてくれず、うまいことからだが洗えない状況で。
でも仮に前進すすぎ終わったら、シャワーを浴びせておわれました。

ようやっと洗い終わったら、異臭がなくなってしまったのが気になるのか人達身体をこすってまた洗わなきゃいけない事態になりそうになりました。
何かと一大登録でした。脱毛 体験

ようやく月曜日から三男も咳が、だいぶん落ち着いてきたから幼稚園に行きだした。お友達とも遊べるようになってきて、幼稚園が大好きになって良かったね。私は、なかなか親しいママ友できないから、少し寂しいけど、挨拶だけは、感じよく出来たらいいな。それにしても、我が家の長男は、高校生で部活もしていて大変だと思うけど、学校でのお知らせを朝、バタバタな時に渡すのは、いい加減やめてくれー。何回も言い続けているが、なかなか改善しないな。たまに部活が休みで、家にいる時、自分の部屋をキレイにするようにはなったね。これからも、実行してね。次男の部屋はないが、学習机はある。いつまで待っても、机の上を片付けないから、つい私が掃除するついでに、片付けてしまった。私が片付けてしまうと、本人のためにならないのは、十分わかってはいるんだけど、あまりの汚さに耐えられなかった。その点、三男は、最近、存在しない鬼さんのことを怖がりだし、寝る前に言わなくても片付けるようになった。言うことを聞かないとき、存在しない鬼さん。を使うと、すんなり言うことを聞くなんて、ほんと可愛い時期だな。と最近よく思う。

今日、Twitterを見ていたら「続・終物語」の情報が流れていました。
私はてっきりそれがテレビアニメになるのかと思っていたのですがどうも映画になるようです。
そして気になるのがイベント上映という言葉でそれが一体何なのか疑問に思いました。
イベントとついているからには声優が映画に来るなどのイベントとセットで、それだと東京などの大都市圏でしか上映しないのだろうか、あるいは映画館で上映するけども基本的にはテレビアニメとして作られていてテレビで放映することだろうかと考えました。
そして検索してみたのですがなんと具体的な上映期間を決めないで行うもので人気が出たら上映期間が延長されるそうです。
「君の名は。」もその形式で延々と上映されていたとあり、はてさてこちらはどのくらい上映されるのか気になりました。
基本的に原作小説読むかテレビアニメ見ていた人向けなので「君の名は。」のようには行かないでしょう。
これなら11月10日に上映開始されたらすぐ観に行きたいものですが、私は1日の割引される日に見たいので12月1日に観に行く予定です。
でも近場の映画館でやらないのが残念ではてさてどうしたものかなと思うのでした。

神坂一さんのライトノベル『スレイヤーズ7 魔竜王(ガーヴ)の挑戦』。富士見ファンタジア文庫より平成5年12月25日に初版が発行されました。『暗雲をはらむディルスの城下町』『伝説を もとめて向かう 竜の峰』『たゆたいし 金色なりし 闇の王……』『そして今 姿を見せる魔竜王』で構成されています。
獣王(グレーター・ビースト)の配下である獣神官(プリースト)ゼロスはリナを守る立場にあるという。それは冥王(ヘルマスター)の進める動きにリナが関わっているからのようだった。そしてリナを狙っているのは魔竜王(カオスドラゴン)の一派のようだった。
ゼロスはリナを異界黙示録(クレアバイブル)のある竜たちの峰(ドラゴンズ・ピーク)に連れていきたいようだった。その道中に再び現れた竜神官(プリースト)ラルタークと竜将軍(ジエネラル)ラーシャート。魔竜王の配下の2人が竜たちの峰へ向かう森を燃やして、リナを殺すために現れた。

連日放送されている、東京都目黒区の5歳児、船戸結愛(ゆあ)ちゃんの事件。
たった5年間で生涯を終えてしまったことはもちろん、朝の4時から起きてひらがな練習をしていたこと、そして「おねがいゆるして」と書かれた文字・・・。エピソードを聞いているだけで泣けてきます。むしろ、親よりも施設にいた方が幸せなんじゃないかと思ったりします。

そして、親の性格の悪さも異常。
夫婦はもともと四国、愛媛県に住んでいて、2度の施設引き取りがあったとニュースで知りました。
虐待と思われたケースで施設に預けられたゆあちゃん。ただ、決定的なことがない限りは2ヶ月ほどで親に帰るケースが一般的のようで、ゆあちゃんも家に帰ります。
そして、愛媛から東京に引越し。
愛媛から東京に引き継ぎが十分にされていたらという意見もありますが、事件が起こった時に男親の方は無職だったようです。だったら東京都内に引っ越す必要はなかったわけで。

考えると、親が愛媛県から逃げたくて引越しを決めたのかもしれないと思います。
残酷な事件が起こったので、これからは虐待疑いがあるならどんどん通報しちゃってもいいのかもしれないとさえ思ってしまいます。

郵便局に行ったら、ゆうパックのサービス内容が改訂されるというお知らせのポスターが貼られていました。
いろいろとサービスが打ち切りになるらしいです。
10点以上の利用で割引になるサービスの終了とか。
一番痛いのは、お届け通知のハガキが終了になってしまうということ。
今後は郵便局のサイトの郵便追跡サービスで確認してくださいというのです。
ハガキは便利だったのに残念です。
宅配業界は、このところの人手不足やブラック取引先の問題などで、各社値上げやサービス打ち切りが続々出てきています。
ただ、ゆうパックの場合、もともとサービスが手厚かったので、とりあえずそれらのサービスを打ち切り、料金は変えないようですね。
これも時代の流れ、仕方ないのかなあと思います。
もっとも、私最近ゆうパック使わなくなっちゃったんですけどね。
断捨離もほとんど済み、送る物もないし、物を増やさないためにもらうのも控えているし。
通販で利用するぐらいですが、これは店側が手続きして私は受け取るだけだからあまり関係ないですし。
極たまに使う時にちょっと気をつけた方がいいかな、ぐらいの影響になると思います。

私が高校生の頃通っていた福岡県の北九州市にある折尾愛真高等学校がついに夏の甲子園出場を果たしてくれました。
私は当時、野球部だったのですが創部から間もなかったため、部員が試合に出れる人数ギリギリでグラウンドの設備も悪く練習の効率もあまり良くなかったため、予選では1回戦か2回戦負けでした。しかし、今の折尾愛真は部員は50名以上在籍していて、設備も良くなり、頭の切れる監督さんも来たため練習の効率もよく、他県からも選手が来るほどの強豪校となっていてとても嬉しいです。
甲子園出場のかかった飯塚高校との決勝戦を球場で観戦したのですが、両チームとも打線が爆発し、長打や本塁打が多く、打ちまくる試合となっていたためとても見応えのある試合内容でした。最後にはしっかりとピッチャーが抑え、12-9で勝利して思わずガッツポーズをしながら立ってしまいました。少し恥ずかしかったですね。折尾愛真の選手たちが嬉し泣きをしていたので思わず泣いてしまいました。
是非、甲子園でも打撃のあるチームとして勝っていって甲子園優勝を果たして欲しいです。ミュゼ 最安値

「覚悟を決める」なんて言うと、とてもたいそうなことに聞こえてしまうかもしれません。
でも、普段できないようなことをしたり、何かを新しくしようと思ったときには、多かれ少なかれ覚悟を決めなくてはならないと思います。
ダイエットだって、貯金や節約だって、そういうものなのではないかと思うんですよね。
普段からしっかりと出来ていれば、そういうことをする必要もないだろうし、あえて「やろう」と思わずとも出来ているものだと思います。
しかし、それが出来ていないからこそ、「よし、やるぞ」と心に決めて取り組まなければ、なかなか実行に移せないものなのです。
そして、覚悟を決めなければ、そうした決意というのは、ちょっとした誘惑や失敗で、いとも簡単に折れてしまうものだというのは、だれしも心当たりがあるのではないでしょうか。
例えばダイエットを例にすれば、それまで他の事に使っていた時間を運動に費やしたりしなければなりません。
ただ単に都合よく時間が作れるというわけではないので、運動をしたりお菓子を我慢したりする以外にも、我慢しなければならないことが出てくるでしょう。
どんな小さなことでも、何かをやろうとしたときには、覚悟が必要になるのだと思うのです。