いま、小学6年生の次男がセミナーや書斎で借りて生じるテキストにはまっていらっしゃる。
絵本を卒業して、でも、いまだに大人のテキストを掴むには手っ取り早いという微妙なシーズンの彼が借りて現れるテキストが、とても奇抜で楽しいのです。

小学生高学年?中学対象とあって、読みやすいというのも嬉しいところですが、多分1?2日で一気に読んでしまう。

重松清ちゃんのテキストなどが多いのですが、キャラも小学生高学年から中学のお子さんが中心で、セミナーで起きる思い出とか世帯の地点とかが中心の話だ。
読んでいると、この時期ならではの甘酸っぱい情熱がぶわーっと思い出されてきたりして、涙が止まらな来ることが多々あります。

次男に聞くと、「え?どこで泣くの?そんなところあった?」だそうなのですが、年頃をとって涙腺の弛くなった中年にとっては、メンタル洗われる話ばかり。
登場する少年の母体に情熱移入してしまったり、特に泣けるスポットが満載です。

いま思ったのですが、テキストを読んで泣くというのは、ほんとにリフレッシュになって気持ちがいいのです。
癒し威力もあるんじゃないかと期待しています。アイフル店舗