風呂ゴールに着替えを抱えながら段階を猛ダッシュで駆け抜け下りていくN・Tとすれ違うなり、ヤニの匂いが漂ってきた。部屋に入ると案の定、S・Kが貸切り状態で風呂ゴールのブレークを決め込んでいた。
「A・I氏、お疲れっす。一本どうしてっすか?」
「わたしはいいよ。灰だけ気を付けて。火事になったらギャグにならないから」
 S・Kにはレヴュー会のときの一事項以降、たばこに関してそれ以上の事はとうにペチャクチャいうつもりもなかった。
「本当に、S・Kの場合はともかく減煙からだよね。今日も実感したと思うけど」
 私自身も未だにやってられなくなると吸ってしまう時もあるので「辞めろ」とは著しく言えなかった。本来本人の結果を思っていうべきなのだろうが、今のわたしが言ったところで口説きが絶無のような気もした。
 わたしが部屋を出ようと取っ手に作戦を掛けようとしたのち、めずらしくM・Tが入ってきた。
「M・T、今やお風呂入ったの?」
 私の問い掛けに応ずるでもなく、M・Tは入って来るなり徐に部屋中の窓を全開にした。脱毛ラボ vio