今日もいまひとつ食べ物にスパンをかけたくない感触。
最も近頃暑くなってから、料理をする気になれない日光には、トマトという玉ねぎというキュウリを細く刻んで、お酢といったオリーブオイルで和えただけのサラダを召し上がることが増えています。
トマトやキュウリの種取りはせずそのまま入れ、玉ねぎを水にさらして辛みを並べるということも全般せず、やっぱ刻み込むだけ。
お酢やオリーブオイルは、最近は各種種類のものが手軽に保持出来、全部試して自分の常得意を見い出すのも楽しいものです。
お酢はきっと劣化しませんので、複数の種類を買って日によって使い分けるのも一興。
一方、オリーブオイルをはじめとする油は、開封以後アッという間に素材が落ち始めますので、ちょこっと割高でも、最高酷いボトルのものを買って、何よりまずくなければ短期間で涸れるようにしています。
オリーブオイルの代わりに、亜麻仁油程度を使うといった、二度と健康的に上るのかもしれません。
只今用いるオリーブオイルを使い切ったら、亜麻仁油を試してみる真意だ。